笑顔の男の人

クリニックで薄毛治療|自毛植毛は魔法の増毛術

育毛剤と発毛剤の特徴

髪の毛を触る男の人

薄毛を改善するアイテムに育毛剤と発毛剤があります。育毛剤は化粧品の一種で、抜け毛を予防する効果があるものです。発毛剤は医薬品の一種で、新しく発毛を促す効果があります。どちらも薄毛の予防には効果があります。

View Detail

脱毛を克服する医療技術

ヘアケア用品

東京には数多くの自毛植毛を行うクリニックが見られます。これらの医療機関では最新の医療機器を導入した植毛施術を行い、より自然なかたちで脱毛箇所をカバー出来るようになりつつあります。その為、完成度の高い施術が期待出来るのです。

View Detail

専門外来での脱毛ケア

ドクター

脱毛治療においては皮膚科を受診する事が基本となりつつあります。発毛治療を行う皮膚科では最新の医療技術を駆使して精密検査を行い、それぞれの脱毛原因と抜け毛の進行状況に応じた治療を提供していることが特徴です。

View Detail

自然な仕上がりになる植毛

医者

薄毛が治る手術

育毛剤や発毛剤を使ったり、投薬治療をしてもいっこうに薄毛が改善しない場合、自毛植毛手術をするという最終手段があります。自毛植毛は、発毛専門クリニックなどで受けることができる、薄毛治療のひとつです。薄毛になっている部分に、薄毛になりにくい自分自身の毛根細胞を一株ごとに植え付けていきます。毛根細胞が血管や神経を結びついて定着すると、自然に髪が生えてきて薄毛が改善されます。自毛植毛にも切るタイプや切らないタイプなど沢山の手術があり、それぞれでメリットやデメリットがあります。発毛専門クリニックによって取り扱っている手術方法が違うので、事前にどんな手術をしているのかホームページなどで確認することが大切です。

植毛の種類と特徴

発毛専門クリニックでは、人工毛を使う植毛と自分の毛を使う自毛植毛があります。人工毛植毛は自毛植毛よりも安くできるというメリットがあります。ただし、ナイロンなどの人工繊維を使うので、頭皮に合わないと拒絶反応がおこるリスクがあります。また、定期的なメンテナンスが必要です。リスクが大きいことから、クリニックでの人工毛植毛を禁止している国もあります。自毛植毛で移植するのは自分の毛根細胞なので拒絶反応がおこることがなく、生着率は9割以上です。生着して毛根細胞が普通に機能するようになれば、メンテナンスは不要です。かつらや増毛は不自然でばれてしまうリスクがありますが、自毛植毛ならとても自然なので誰にもばれないのも魅力です。